安全な暮らしを送るために

ヘルメット

地質調査はなぜ必要なのか

作業員

地質調査とは

地質調査は住宅やマンションなど人の住居を建てる時や、道路や堤防などの構造物を建造する時に、建てる場所の地質や地層の強さ、地下資源の有無や土壌の汚染状況などを調査することです。

なぜ地質調査が必要

やわらかい土の上や地滑りの危険や地下資源などが無いかを学術的・資源開発・建設事業の分野に分けて調査をし、より安全に構築物を立てるために地質調査が必要となります。

地質調査で何を調べる

地面には固い地層と積もってできたやわらかい地層があります。この層の深さを調べることで、硬い地層が掘ってすぐの場所にあれば、より強固な基礎が築けます。また、やわらかい層を特定することで、基礎になる杭の本数や長さなどを決めて、安全性をより明確にすることができます。

地層の状態以外にも調べる

地質調査では土壌の汚染が無いかや、温泉や天然ガスなどの地下資源が存在しないかなども調査します。石油や鉱物資源などの発掘に利用されております。

生活する上で重要な調査

安全に建物を建造したり地盤沈下の無いように道路を作ったりと、人々の安全を守るために地質調査は重要なものです。昭和30年前後から電源開発や高速自動車道の建設、新幹線や公共住宅などの社会資本整備事業の進展とともに活発に行なわれるようになりました。

地盤の重要性

ヘルメットを持つ人

地質が悪いことによって起こる災害

地盤の緩みによって多大な被害が及びます。その被害の一例を紹介しています。

READ MORE
重機

災害対策にハザードマップ

災害対策にハザードマップが役立ちます。ぜひ活用してみて下さい。

READ MORE
土

住宅を購入する時の注意点

安全で安心なマイホームを手に入れるために、地質から考えてみましょう。

READ MORE
広告募集中